資産運用

ETFの買い方

 投資信託を始めてETFだとかVTとかAGGとか色々な略称が目に映るようになりましたが、いまいち分かりませんでした。最近ようやく、買い方を覚えたので私のような勘違いをしている人は少ないと思いますが、簡単に違いをご紹介しようと思います。


ETFって何?

 ETFはExchange Traded Fundの略で、日本語では「上場投資信託」といいます。
 私は最初、ただの投資信託だと思ってたんです。確かに、投資信託と性質は似ていますが、ちょっと違います。

ETFのイメージ

 この「上場」っていうのがポイントです。まるで株式のように売買できるのです。

SBI証券の画面で説明してみる

 「まるで株式のように」とは言いましたが、私のように「(違いはあれど)投資信託も株式みたいなもの。結局は投資信託なんでしょ?」と考えていたために、違いに気づかない人には、こっちのほうが分かりやすいかもしれません。
 ETFは「国内株式」のところから探して購入します。(海外ETFの場合は国内株式の1つ右のメニューから買う。)

SBI証券-ETFを買うところ

 (今更)目の当たりにして、これがETFかっ!!と目から鱗でした。(早く気づけ!!)

J-REITもAGGもQQQもVTも何でもあるじゃないか!

 おおお、あの投資家たちが語っていたJ-REITがあるじゃないか!!!(゜Д゜;;;

SBI証券-国内株式画面

 VOO(S&P500)もここに!!
SBI証券-外国株式

ETFと投資信託のメリット・デメリット(ざっくり調べ)

 ざっくり調べてみたETFと投資信託の違いは以下の通りのようです。

  • 優良なファンドの信託手数料はどちらも安価。ETFのほうが若干安い。
    一般的な手数料は投資信託>ETF。
  • ETFは売買手数料がかかる。投資信託はノーロード(手数料がかからない)の場合もある。
  • つみたてNISAだと購入可能なETFが少ない。
  • ETFは積立買付できる証券会社が限られる(SBI証券は可能)。
  • 分配金の自動再投資ができない。

 「このETFに連動した投資信託が無い」っていうなら、気にせずETF買えばいい。そんな気がします。

ETFの種類(私調べ)

日本

日本取引所グループにしっかりした表がありました。
引用するのも恐れ多いほどしっかりしているので、そのままリンク先を紹介します(笑)

米国

 他にもたくさんありましたが、私が興味をもった米国ETFを中心に挙げています。

ティッカー(名称)特徴
VOO(VANGUARD S&P 500 ETF)S&P500指数連動。
SPYD(SPDR PORTFOLIO S&P500 HIGHDIVIDEND E)米国高配当ETF。不動産多め。
VYM(VANGUARD HIGH DIVIDEND YIELD ETF)米国高配当ETF。時価総額加重平均。
HDV(ISHARES CORE HIGH DIVIDEND ETF)米国高配当ETF。エネルギー多め。
AGG(ISHARES CORE U.S. AGGREGATE BOND ETF)米国総合債券市場ETF。
QQQ(INVESCO QQQ TRUST SERIES 1 ETF)NASDAQ100指数連動。
HERO(GLOBAL X VIDEO GAMES & ESPORTS ETF)ゲームとEスポーツ、半導体関連銘柄。最近できた。
VIG(VANGUARD DIVIDEND APPRECIATION INDEX)10年以上の連続増配米国株。
VTI(VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF)CRSP USトータル・​マーケット・インデックスに連動。

調べてみて思ったこと

 投資信託よりもETFのほうがバラエティがあって面白いです。
 株式投資は原資が少ないのもあって、まだまだ手が出なかったので投資信託を選んでいましたが、ETFなら手が出そうです。
 J-REITをいくつか買えば、毎月配当を得られたりするようです(゜ω゜)

 とはいえ、私の場合、配当金を狙う前に、まずは生活防衛資金の構築が先決ですし、大して原資もない中でETFの配当をもらっても雀の涙かなと思いますので、とにかく数年間は現状維持で進めていこうと思います。

 私の場合、NISAの満期がくるであろう5年後とか、安定的に毎月投資できるようになったら、何割かをETFにして勉強を始めてもいいかなと思いました。

参考にしたサイト・ページ

よければ投票をお願いします!